メールマガジンの登録はこちらから

膝を痛めて、改めてアルファースリームの凄さが分かった。 50代女性

松下智英子

愛知県 松下智英子(社交ダンス競技選手) 50代女性 H24.10

 私の趣味は社交ダンスです。もう30年近く競技会に出続けています。元々胃腸がとても弱いたちなので、踊った後、疲れ過ぎると胃が固まってしまって動かない。みたいなことがしょっちゅうありました。膝や股関節も丈夫でないようで、同じ様に踊っても主人は大丈夫なのに、私は膝が腫れて動けなくなる。ということも良くありました。 そんな私だからこそ、アルファースリームに出会い、その上での骨盤調整体操をするようになったのです。この頃、ぼろい体に生まれたことは、神様からの贈り物だと思うようになりました。自分で骨盤を整えるようになったら、整体や整形外科のお世話にならなくてもよくなりました。痛みからずいぶんと解放されてきました。

 5年前に1日に40曲踊った日がありました。その日の40曲目に膝が悲鳴を上げて、曲がらなくなりました。それからというもの半年かけて、琵琶の葉温灸、電気治療、できる範囲の骨盤調整などで治しました。それからは、無茶な試合出場はしないようにしようと思って、なんとか今年までやってきました。

 ところが、犬の散歩中に「あれ、膝に違和感が・・・」と思ったのですが、犬がどんどん歩いていってしまうので、仕方なく30分ほど散歩につきあいました。その間どんどん膝が固まって、足全体がしびれてきました。もうだめ、と思った時、犬も察したのか、家に向かって歩いてくれました。ようよう家に帰りつき、ご飯の支度も出来ぬまま、アルファースリームの上で倒れるように横になりました。全身に寒気。もう膝を曲げることも、伸ばすことも出来ない状態になっていました。その晩から、昨年買ったアルファースリームのスパッツを出してきて履いて寝ました。痛みに夜中に目が覚める。5年ぶりの辛さでした。

腫れた膝

次の日は仕事が入っていなかったので、これ幸いに膝の治療に専念しました。骨盤調整体操をしようと思っても膝が曲がらなくてできない。股関節がずれたんだと思っても、股関節調整もできない。仕方がないので膝裏のほぐし、内もものほぐし(内ももほぐしは「NEW骨盤調整体操DVD」に収録されています。)を十分にして、さらしを巻いて、膝を固定しました。
その時に、和歌山のあたためて治す坂井先生の顔が浮かんできました。「そうだ、さらしの間にホッカイロを入れてみよう」と思い立ちました。直接だと熱くなりすぎてしまうので、アルファースリームのスパッツをはいた上にさらしを巻いて、ホッカイロだと一晩中していても熱くなり過ぎない上に、スパッツの血流改善効果のお陰か、次の朝はけっこう曲がるようになりました。10度でそれ以上曲げることも、伸ばすことも出来なかったのが、一晩で伸ばすことができるようになり、35度くらいまで曲がるように。
次の日は仕事があって車で出かけたのですが、サイドブレーキを踏むことが大変でした。35度ではまだちょっと無理があったようです。でもずっと、スパッツとさらしとホッカイロを当てて1日過ごしたら、夜には骨盤調整も「膝痛の人用」の体操(これもDVDに収録)位はできるようになっていました。股関節も少しづつ動くようになってきました。 こんな具合にしていました。

膝にアルファースリームぐるぐる巻き

3日目の朝、まだ痛いなあ、まだ腫れてる。そう思いながらも階段を降りようとして、「あれ、昨日より楽に階段から降りれる。」1段づつそろそろ降りていたのが、片足づつ降りれる。すごい進歩。♪ その日は45度から60度くらいまで膝が曲がるようになりました。こうなると、ほとんどの体操ができます。肩甲骨をほぐし、腰をゆるめ、背中をゆるめ・・・膝も膝裏ほぐしと内ももほぐしを徹底的にやりました。
4日目です。階段が楽に上り下りができるようになってきました。膝が床につけなかったのが、つけるようになってきました。どんどん良くなっていくのが分かります。

 さっき、お風呂を出て、「今日はスパッツもさらしもホッカイロもあとでいいかな。」と思ってパソコンに向かっていたら、足がまた痛くなってきました。油断大敵です。一回痛めた足は血流が悪くなりやすいです。分かっていたのについ油断。急いでスパッツとさらしとホッカイロを巻きました。 今こうしてパソコンに向かっていても膝は痛くありません。しばらく、治ったと思っても続けないといけないですね。

 今回たまたま犬の散歩中に膝がおかしくなってしまったのですが、ずっとダンスの試合が続いていて疲労が蓄積していたんだろうと思います。ちょっと歩き過ぎた、ちょっと無理した。それだけで膝ってある日突然痛くなってしまうんだと身に沁みました。

 でも、血流を良くする、温めるということで痛みはどんどん取れていく。それも良く分かりました。今回たった4日で良くなっていく過程を、5年前に痛めた時は治すのに半年もかかってしまいましたが、本当に今回はたった4日で8割も治ってしまった。この差は何だろうと思った時、日々の骨盤調整で歪みが少なかったことも大きな要因であったと思います。毎日自分で骨盤調整、こつこつしたいと思います。

 痛めてみて分かったことが本当にたくさんありました。痛みのとり方もよく分かりましたが、もっともっと自分で手入れして大事に使わないといけないということも。

 たとえiPS細胞で再生される時代になっても、筋肉は作り続けないといけないし、iPS細胞も万能ではなく、癌を引き起こすとも言われている。それに何よりお金がかかる。そんなこんなを考えさせられる、膝の故障でした。

【その後の報告】

 膝の腫れは約10日ほど続いていました。でも、ダンスのレッスンをしたくて、1週間後にレッスンを受けました。痛くて踊れなかったらやめようと思いつつ。
アルファースリームのスパッツの上にさらしを巻いて、カイロを貼ってサポーターをして。とても重装備^^;
ところが、痛くなくできたのです。これは奇跡のようです。
前回痛めた時は約一月は踊れませんでしたから。そして、踊った後は半年くらい膝の腫れが戻っていたのですが、今は戻ってきません。スパッツ、さらしとカイロの組み合わせはすごい効果です。膝の痛みの方は是非試して頂きたいですね。体験を踏まえてアドバイスもさせて頂きます。

※掲載内容はあくまでも個人の感想であり、商品・サービスの効果や効能を表すものではありません。

【体験談募集】

あなたのアルファースリーム体験談を、PMC名古屋オフィスへ是非お寄せ下さい!
体験談が採用された方へは、ステキなプレゼントを用意しております。
A4サイズ1枚~2枚程度 でOKです。
宛先は、supimama■■pmc-nagoya.com(■■を@に変換して下さい。)まで。
ご応募お待ちしております。

コメントを残す

このページの先頭へ