メールマガジンの登録はこちらから

ガンの人・ウツの人・認知症の人の共通点は低体温(冷え性)

低体温を甘く見ちゃいけない!!

よく「体温が低いと免疫力が下がる」といわれますが、実際には体温が1℃下がると免疫力は約30%下がります。
逆に体温が1℃上がると免疫力は50~60%も上がります。

え~?!計算が合わないでしょ!!と言われるかもしれませんが、免疫力が上がるということは白血球の数が増えるということではなく、「1つの白血球のもつ能力がアップする」ということなので、こうした関係が成り立つそうです。

なぜそんなに急に免疫力が上がるのかと言うと、酵素活性と関係があります。
体温が高くなると酵素が活性するのです。

低体温になると、血行が悪くなり、免疫力が低下し、疲労やアレルギー、生活習慣病などの多くの病気にかかりやすい状態になります。
また、婦人科系の病気(子宮筋腫、子宮内膜症、不妊など)は低体温や冷えと関係があると言われています。

健康な人の基礎体温は36.5℃で、細胞の新陳代謝が活発で、免疫力も高く、病気になりにくい状態を保つことができます。

低体温の人は35℃台以下で、新陳代謝が活発ではなく、基礎代謝が低下するため、脂肪を燃焼しにくくなり、太りやすくなります。また、免疫力が低下すると風邪などの感染症・病気にかかりやすくなり、花粉症などのアレルギーも出やすくなります。

さらに低体温だと、免疫力が落ちることに加えて、癌細胞が活発になるとも言われています。ガンは熱に弱いのです。
低体温のガンの方は、癌が転移しやすいです。といっても、癌の人はほとんど例外なく低体温で代謝が悪いので、低体温だから、癌になったと言えるかもしれません。
血流障害だと、各細胞に栄養と酸素が行き渡らないので、酸素が無くてもエネルギーを作り出せるように、細胞は環境に適応しようとします。
それが、細胞のガン化なのです。

さらに言えば、低体温の人は「老けやすい」と言えます。
老けやすく、太りやすく、疲れが取れにくく、ガンなどの病気になりやすいというのが低体温の方の特徴と言えます。

たかが低体温、と侮ってはいけません。日々の努力で、体温は上げれます。

体温が1度下がると免疫力は30%ダウン


低体温になる原因

なぜ低体温になってしまうのか?ということですが、第一は食生活の乱れだと思われます。食べ物からエネルギーや熱を作り、体温を保っています。体内で糖質をエネルギーに変える時に必要なのがミネラルとビタミンです。
ミネラルやビタミンが不足すると、食べ物からエネルギーや熱を作ることができず、体温が上がらなくなり、低体温になってしまいます。

最近は、加工精製食品の取り過ぎで、脂肪・糖分の過剰摂取の半面、ミネラル・ビタミンは不足しています。このミネラル・ビタミンの不足が低体温、生理不順、貧血などを引き起こす重要な原因になっています。

そして、内臓脂肪。脂肪というのは温まりにくく冷えやすい性質があります。濡れ雑巾を巻いている様なものと思ってもらうといいでしょう。
内臓脂肪は内臓についている脂肪なので、内臓の温度を下げてしまいます。内臓の温度が下がってしまうと臓器の働きが悪くなり、あらゆる代謝が滞ってきます。代謝が滞ると低体温が進み、そのままほおっておくと慢性的な冷え性になってしまいます。
内臓脂肪は皮下脂肪と違って「見た目」では付いているかどうかは分かりません。

もう一つ忘れてはいけないのが「ストレス」です。
体が冷え続けていると脳の視床下部というところが「ストレスだ」と認識します。
視床下部とは「自律神経」や「ホルモン分泌」をコントロールしているところです。この視床下部が「冷え」や人間関係などの「ストレス」に慢性的にさらされてるとこの機能が狂ってきます。

自律神経が狂うと、血管が収縮して「血流障害」が起きます。
血液は細胞に酸素とその他の栄養うを届けるのが役目なので、血流が滞って栄養供給減を断たれた細胞は疲弊しきってしまい、老化が促進されます。

細胞が栄養不足ということは「エネルギーが作れない=発熱できない」という事なので、さらに冷えが進みます。
エネルギー変換ができないということは、体の中に老廃物が溜まっていくということであり、有害となります。

私達は毛細血管を見る機械「血管美人」というので血流観察を良くするのですが、冷え性の人は老廃物がいっぱいたまっています。

低体温症の大きな原因は血流障害!食べ物・ストレス・内臓脂肪...


低体温の改善方法!!

ついてる・ありがとう・許します・感謝します

ストレスを回避といっても、難しい・・と言う方は多いと思いますが、一番簡単な回避方法は「ついてる・ありがとう・許します・感謝します」と1日何度も声に出して言うという方法です。
これは意外と効果のある方法です。お試しください。

食べ物もやはり氣をつけるべきです。
暑いからといって、冷たいものばかりをたくさん取らない、旬の物を頂く、というのは常識の範囲ですが、白砂糖と牛乳もお勧めしません。
しかし、体を温めるという生姜やココアをたくさん飲んでも低体温はなおりません。
対症療法ではなく根治療を目指さないと意味がないのです。

お風呂にゆっくりつかって、体を温める。41℃のお湯に毎日30分以上浸かると、血流はよくなります。
温泉もいいですね。ただし、本当に体質改善したいのなら、毎日入るのが基本ですね。

お酒の飲み過ぎ・タバコは控える。これも常識の範囲で。

バランスのとれた食事で、ミネラル・ビタミン補給を!!
特にミネラルは加工食品や生成食品の中には無くなってしまっているので、意識して取りましょう。

※体の中の環境を整えるものに、酵素と水素も大切です。アルファーエンザイムアルファーリーバースの摂取で体内環境を整えることができます。

※バランスのとれたミネラルはアトリエ.ファインのHPで詳しく見ることができます。

※ビタミンは、サプリメントで摂るよりも、有機野菜など食べ物から接種する方が効果が高いようです。


おすすめ!!ラクラク体温を上げる方法

低体温の大本が血流障害なので、血流を良くすることがまず第一にすべき事だということは分かって頂けたかと思います。
昔お医者さんで「体温を上げる薬を下さい。」と言ったことがあります。
「そんなものはありません。」と一言言われました。
それから色々勉強をしたら、薬はすべて体温を下げるものだということがわかりました。

だから、ウツになったり認知症になったりも薬の飲み過ぎで、血流障害を起こし、脳に酸素も栄養素も届かないからなってしまうんだと思いました。

ニット帽と認知症の叔母

時々、アルファースリームのニット帽で認知症の症状が劇的に改善した。と言う話を耳にします。
ニット帽を被ることで、脳の血流が上がるから?
アルファースリームのベットパットで寝ているだけでも、脳内温度は上がるという臨床実験をして下さった先生がおみえです。
脳内温度が上がることが、認知症の改善につながっているのかもしれません。(認知症の詳しい体験談はこちら

遠赤外線とテラヘルツ波(アルファーⅢ波)による深部体温の上昇がキーワードのようです。

基本に戻って考えれば、血流を良くするマットで寝ることが、低体温予防、改善になるという事なんですね。

まさに、寝るだけ健康法!!


私の場合も、低体温の改善にアルファースリームのマットで寝たのはもちろん、食生活を見直したのが、36.5℃という体温上昇につながったと思います。
そして、骨盤調整体操で軽い運動と自己整体による内臓機能のUP!!
ミネラルも単一の種類のミネラルをとっていると、ミネラル過剰症になってしまいます。バランスのとれたミネラルが大事です。

私のお勧めのミネラルは、アトリエ.ファインのHPでご紹介中!

症状別 おすすめの組み合わせ

癌の人におすすめの組み合わせ

とにかく、早く体温を上げましょう。かなり進んだ癌の方なら重ね敷きが効果ありと聞いています。
肉体と共に波動の調整もされるといいですね。
波動調整にご興味があればお電話下さい。

アルファーマットAQ か ベットパット(増量タイプ)

アルファーマットAQベッドパット


タオルシーツかポケットシーツを重ねて

シーツ


上掛けとしてメディカルケットブランケット

メディカルケットブランケット


おすすめの本

安保徹医師他の「ガンは治るガンは治せる―生命の自然治癒力」と、内海聡医師の「医学不要論」はおすすめです!
末期ガンの方でも、治るのはなぜ?

※リンクや本の画像をクリックすると、amazon.co.jpで詳しい内容が確認できます。


こんな情報もあります。

爪もみ

爪のここの部分を自分で揉むだけで、ガンの予防や治療に役立つものがあります。
こちらのサイトが参考になります。
爪もみ療法 | がんを克服するための新常識(外部のサイトが開きます)


うつの人におすすめの組み合わせ

うつ病の治し方は良く寝て、体温を上げることです。
朝日も浴びる、軽い運動をすると効果は大きくなります。
うつって本当は病名でもないかもしれないので、お勧めの本も読んで泥沼から這い上がってきて下さい。

アルファーマットAQ か ベットパット(増量タイプ)

アルファーマットAQベッドパット


上掛けとしてメディカルケットブランケット

メディカルケットブランケット


おすすめの本

内海聡医師の「大笑い! 精神医学」と「精神科は今日も、やりたい放題」がおすすめです。
“うつ”という病気は作られたのかも。知れば、きっと良くなっていきますよ。

※リンクや本の画像をクリックすると、amazon.co.jpで詳しい内容が確認できます。


認知症の人におすすめの組み合わせ

何はともあれ、脳の温度を上げましょう。

ニット帽万能掛けパット

ニット帽DX万能掛けパット(膝掛け)


アルファーマットAQ か ベットパット(増量タイプ)

アルファーマットAQベッドパット

アルファーマットAQは、要介護2以上であれば、介護レンタルで月々900円で借りられます。

九州の男性の体験談がすごかったです。

乱暴・暴言で施設を追い出されそうだった時に、このニット帽メディカルケットで、おとなしくなり施設を出ないで済んだそうです。
娘の名前も分からなかったのが、思い出す事ができ、100引く自分の歳の計算までできるようになったとか。
私達はこのニット帽を「伝説のニット帽」と呼んでいます。

※掲載内容はあくまでも個人の感想であり、商品・サービスの効果や効能を表すものではありません。

お問い合わせ

アルファースリームにご興味を持って頂き、ありがとうございます。
詳しいご案内は、お電話にてお伝えしております。
(薬事法等の関係で、Webに掲載できない情報もたくさんあります。)

値段、使用方法、取り扱い方...などなど
各種体験談、臨床レポートを元にできるだけ丁寧にお答えさせて頂きます。

メールフォームでお問い合わせの場合、ご都合の良い時間帯を教えて下さい。
こちらから電話を差し上げます。

すぐに話を聞きたい場合は、お電話にてお問い合わせ下さい。

※お電話がご不要な方は、その旨ご連絡下さい。
メールでの返信も致します。お気軽にどうぞ。


お電話

お電話口にて、「PMC名古屋オフィスのウェブサイトを見ました」と仰って頂けるとスムーズです。

052-911-6504

※営業電話は控えて下さい。


メールフォーム

*マークは必須項目です。

お名前*
例:翠島 侑香
ふりがな*
例:すいしま ゆうか
電話番号*
例:0529116504(ハイフンなし・半角数字のみ)
メールアドレス*
例:xxx@yyy.com(半角英数字のみ)
ご都合の良い日時*
電話を差し上げても良い日時をご記入下さい。メールでの連絡をご希望の場合は、その旨をご記入下さい。
お問い合わせ内容
ご自由にご記入下さい。


サブコンテンツ

このページの先頭へ